よくあるご質問と回答

スカルプチュアってどういう意味ですか?
答え本来スカルプチュアとはsculptureと書き、彫刻とか彫刻作品という意味ですが、日本ではアクリルパウダーとアクリルリキッドで作る人工ヅメ(エクステンション)のことをスカルプチュアと呼んでいます。ただ、ジェルなどアクリルパウダーを使わないものもそう呼ばれています。
好みの長さや形にする事ができ、強度があります。又アートのもちは抜群!但し、2週間に一度、サロンでのお直しが必要です。
※お直しをしてあげないとカビの生える原因になる恐れがあります。深爪の方・長さを揃えたい方・強度が 欲しい方にオススメです。又、外したい時はサロンで外しましょう。
ジェルとの違いは何ですか?
答え硬化する条件が違います。ジェルは、とろみのあるゼリー状のもので人工ヅメを形成し、紫外線をあてて硬化させますが、アクリルスカルプは、アクリルパウダーとアクリルリキッドが化学反応を起こして硬化するので、2つを混ぜ合わせれば自然と硬化していきます。
自ヅメはできるだけ切りたくありません!ある程度長いままでスカルプをつけてはダメですか?
答えどのエクステンションにも言えることですが、フリーエッジ(※ツメの先端の白く伸びた部分)は短くしないとダメです。分厚くなってきれいな仕上がりになりませんし、横からみたときの断面も2層になって美しくありません。
どのくらいツメが伸びたら、リペア(お直し)が必要ですか?
答えスカルプと自ヅメの境目が目立つまで伸びたら、リペアをしましょう。大体2~3週間くらいを目安にしてください。また、ツメが伸びていなくてもリフティング(※ツメが浮いてきた)場合は、見た目が悪い上、浮いてきたところから水分などが入ってカビになったり、ツメの病気になる恐れがありますので、そのままにせず早急にリペアして下さい。
カルジェルとは?
答えジェルをUVライトで硬化させる為乾かす時間が不要。透明感のある艶が持続しつつ、自爪の補強もできるのが特徴です。
プルミエでは3~4週間に一度、お直しもできますので(FOOTも)爪の負担が少ないです。自爪を生かして自然なネイルにしたい方・二枚爪の方・水仕事が多い方にオススメです。
ご自分でのお手入れ法は… What´s Calgel をご覧下さい。
一番強度があるのは?
答えやはりスカルプになります。但し、生活スタイルやお爪の状態によって異なりますのでご相談頂けれはと思います。
ジェルコートとは?
答えジェルコートはアートを埋め込んでくれますので取れずらくなるというのと、黄ばみがなく、艶が持続するので、トップコートの塗りかえする時間がない方・オススメです。
自分でできるケア・浮きずらくするコツ・気をつける事は?
答え爪に負担をかけないようにして、キューティクルオイルをマメに塗る事をオススメします。人によってですが、スカルプ時は長時間プールやお風呂などで浮きやすくなることもあります。
巻爪とは?
答え爪の中に皮膚が入り込んでしまってる状態。個人差はありますが、1ヶ月に一度のお取替えをして、完治するまで6ヶ月~9ヶ月です。
プルミエの巻爪法は…
  • 安全性がある
  • 日常生活に支障がない
  • 速交性がある
ポリッシュを早く乾かしたいのですが
答え冷風をあてて冷やすと早く乾きますよ。又塗る前にポリッシュを冷やしておくのもよいでしょう。
爪が短いのですがネイルできますか?
答えはい。一時的に長さを出したい場合には、チップという方法もありますし継続してつけられるのであれば、カルジェルやスカルプ・もちろん、自爪にケア・カラーもOKです。
甘皮ケアの目安は?
答えHANDは一般的に2~3週間を、FOOTは約4週間でのお手入れをご案内しております。
一番爪が痛みにくいのは?
答え自爪に直接つけるカルジェルになります。
スカルプの上からネイルカラーを塗り替えたりしてもいいものなのですか?
大丈夫です。ただし、除光液には通常アセトンが入っているものが多いため、スカルプが少し溶ける感じになると思います。その場合、表面を少しバッフィングしてからカラーリングすると、キレイに仕上がりますよ。
フレンチスカルプチュアとナチュラルスカルプチュアの違いは何ですか?
ナチュラルスカルプチュアとは、フリーエッジ(ツメ先の白く伸びた部分)を、自ヅメの色に近い乳白色で形成したもの。上にカラーを塗って楽しむこともできます。ツメをキレイに見せたい人、1本だけツメが欠けてしまったという人に人気のスカルプです。フレンチスカルプチュアは、フリーエッジ部分を白などのパウダーで仕上げたもの。上にカラーを塗る必要がなく、アートを埋め込むこともできます。
ツメが伸びるのが遅いんですが、どうしたら早く伸びるようになりますか?
ツメは1ヶ月に3mm伸びると言われていますが、速度には個人差があります。甘皮を押し上げるだけで、ツメの面積が広がって大きく見えます。また、ツメの根本付近のマトリクスという部分をマッサージして血行をよくすると、ツメの成長を促進する効果があります。1週間に1回ほどのケアで効果があるはずですよ。

ページの上部へ戻る »

バナーカテゴリー

  • Calgel School

  • Premier Blog

  • オムツケーキ

  • インスタグラム